img-1

脱毛するなら皮膚科脱毛で

脱毛に通うとなった場合には、どこにするかの選択肢があります。まずはじめに選択しなければならないのが、脱毛サロンやエステサロンにするのか、それとも美容皮膚科皮膚科などの病院にするのかです。

病院での脱毛は、エステサロンや脱毛サロンでは行われていないレーザーを使用した脱毛が行われており、医学に基づいて施術が進められます。
皮膚科脱毛では、レーザーの光を脱毛したい部分の肌に照射すると、波長が長いことから肌の奥の毛根に届いて熱で焼いてしまいます。
一週間から二週間程度経過すると自然と毛根から抜けていきますが、毛根周辺にもレーザーの光は作用しており毛の生える組織を破壊することができます。そのために、通常であれば毛が抜け落ちれば次の毛を作ろうとして毛根が作られていくのですが、毛を作る機能が壊されていることから毛が生えてこないというメカニズムによって脱毛が完了します。
これは、医療行為でもあるのでお医者さんのいないサロンでは行うことが禁止されている施術でもあります。
サロン脱毛は手ごろな価格で提供されているものの、皮膚科脱毛のような効果を発揮できませんが、何度も繰り返すことによって似たような効果を出させることは可能です。

特殊な光によってダメージを与え続けてはいるものの、完全には壊していないので一年後に生えてくるということもあり得ます。

しっかりと短期間で脱毛を完了させたいという人には、皮膚科脱毛がベストな方法です。美容皮膚科で行われている脱毛は、エステサロンや脱毛サロンでも行われている光脱毛を用意している病院もありますが、ほとんどの患者さんに利用されているのが医療レーザー脱毛です。
レーザーの光を使用した脱毛は、エステサロンや脱毛サロンでは許可されていないために医療機関でのみ受けることができる方法であり、永久脱毛にも利用されています。皮膚科脱毛では、お医者さんの指導で脱毛が進められます。
初めに脱毛したい部位や毛の質、量の確認が行われますが、同時に肌の診察も行われます。

皮膚科脱毛は肌にも大きな影響を与えるものであり、安全に行われているといってもレーザーの光は強いので、体や肌の調子によっても施術後にトラブルが発生する可能性が高くなります。肌荒れをしている状態であったり日焼けした後では安全のために施術を断られることもあります。


また、皮膚の色によっても脱毛は影響が変わってくるので、肌色によって脱毛器の種類が変えられたり出力を下げられたりと調整が行われます。一般的に日本国内での施術であれば多くの日本人は黄色人種の肌の色をしているのでそれに合わせた機種を所有している皮膚科も多いですが、欧米人のような白い肌の人や肌色の黒い人にもあった機種を持っている皮膚科もあります。

皮膚科脱毛は、サロン脱毛にはない医療機関ならではの処置も安心です。


痛みがある場合には塗る麻酔を使用したり、施術後の肌の炎症を抑えるための薬を出してもらうこともできます。

















関連リンク

img-2

皮膚科脱毛と美容外科脱毛の違い

永久脱毛をする時に皮膚科脱毛と美容外科脱毛のどちらにするか悩む人がいます。皮膚科は本来皮膚の疾患を治療する所ですが、現在では美容皮膚科という言葉があるように、皮膚科でも美容に力を入れている施設があります。...

more
img-3

皮膚科脱毛で自己処理不要のツルスベ肌に

何回自己処理しても生えてくるやっかいなムダ毛に悩んではいるものの、今は様々な脱毛方法があるので、どれを選べばいいか迷ってしまう方も多いでしょう。プロの脱毛施術を受けてみたいと思っても、たくさんのエステやクリニックがあるので、どの施設に通うべきか決めるのはなかなか難しいと思います。...

more